« ナムトクかラープか | トップページ | タイの茶そば »

2006年3月25日 (土)

白葱焼ソバ

R0016781pct20

「腹減ったあ!」
「なに食べる?焼ソバ食べる?」
「うん、そうだな。」
冷蔵庫から焼ソバを取り出した。半生の焼ソバだ。
日本人は半生の焼ソバをフライパンで加熱して、水をそそぐ。
麺をかき回すと、麺がほぐれる。
ヌチャナートは麺をあらかじめ水でほぐして笊にのせて水を
切っている。肉をフライパンで炒めている。
ナンプラをかけたのだろう、部屋中にナンプラの臭いが立ち
込める。俺は慣れっこになっているので、異臭とは感じなくなって
いる。むしろ美味しい料理ができると楽しみになる臭いだ。
まだ食欲をそそる臭いとは感じられない。
蒲焼や立ち食い蕎麦から流れてくる醤油の臭いの方が俺には
食欲はそそる臭いだ。

「出来たわよ。これだけでいい?」
「ああいいよ。」
何の変哲もない焼ソバだろうと思っていた。皿の片隅を見て
驚いた。小さじ一杯ほどの焙煎した唐辛子が皿の片隅に載せて
あった。
タイの屋台などで焼きそばを昼飯に食べる。焙煎した唐辛子を
皿に載せてあるのはみたことがない。
こういう食べ方もあるのだろう。麺の上に白い晒し葱を載せてある。
レモン汁をぎゅーっと絞る。皿に唐辛子入り酢をかける。
レモンの爽快な香りと酸味で味がしまる。

2006/3/25

クチコミblogランキング TREview

|

« ナムトクかラープか | トップページ | タイの茶そば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/1161980

この記事へのトラックバック一覧です: 白葱焼ソバ:

« ナムトクかラープか | トップページ | タイの茶そば »