« 鶏のお尻 | トップページ | カルシュウム不足に »

2006年3月21日 (火)

これじゃない豚足

タイの町を歩くと、あちこちから甘ったるいスターアニスの香りが
漂ってくる。いろいろな物にスターアニスを使うのだが、俺が一番
印象に残る料理は大きな豚の足を丸ごと煮た料理だ。
豚足が美味しそうな飴色に色づいている。そう言われても想像
がつかないかもしれない。ひな鳥の丸焼きの皮の色だ。
煮込んだ豚足が丸焼きの鶏の皮の色と同じような色をしている。
色を見ただけで美味しそうだと感じてしまう。R0016757pct20

日本では豚足は茹でて酢味噌、辛し酢味噌、ニンニク酢味噌
などで食べるだけだ。それしか俺は知らない。
二週間ほど前に豚足を見つけると、
「これをどうこうすると美味しいのよ。食べる?」
とヌチャナートが言う。
彼女がタイ語で説明する調理法は半分もわからない。
俺が調理するわけではないので、分からなくても「うんうん」と
無責任に答えていた。ヌチャナートが豚足を野菜などで煮込んだ
料理を作ってくれた。豚足のこんな調理方法があるのだと俺は
感心した。もう一度、あの料理を食いたいと思い、豚足をまた
買い込んだ。

携帯がなった。電話にでるとヌーからだった。
「サミイ、今日は何時頃帰るの?今日は何を食べたい?」
「この間、作ってくれた豚足の料理が食べたい」
「作っておくわ。早く帰ってね!」

帰宅すると俺が期待していた料理とは別の料理が出ていた。
ポロウからスターアニス等香辛料を除いたような料理だった。
「これじゃないのだ、ヌー。この間、作った料理だよ。野菜も一緒
だった奴だよ」
思い出せないようだ。俺も一生懸命に説明した。
どうやら理解したらしい。
ニンニクや唐辛子他を叩き潰したソース
にパクチーの葉を乗せてある。色も香りもいい。
豚足のゼラチン質が辛いソースに合う。汁をすくって飲む。
煮込んだ汁は豚足からでたゼラチン質でとろみと旨みがでて
いる。手で豚足の骨をばらしながらニンニクソースにつけて食
べる。関節周辺の軟骨がこりこりと小気味よい感触だ。
手がゼラチンでべとべとになる。ハンカチで手を拭きながら
食べる。汁をご飯にかけてニンニクソースをちょっと載せる。
「豚足にはコラーゲンが沢山あるので、お肌にいいのだよ。」
お肌にいいと聞くとヌーはニコッと笑った。

2006/3/20

クチコミblogランキング TREview

|

« 鶏のお尻 | トップページ | カルシュウム不足に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/1109567

この記事へのトラックバック一覧です: これじゃない豚足:

« 鶏のお尻 | トップページ | カルシュウム不足に »