« ゲンラオ(ラオスの食事) | トップページ | 今日のカオツム(お粥) »

2006年3月30日 (木)

胡瓜と茄子の炒め物

胡瓜というのは漬物にするか生で齧るのが日本人の食べ方だ。
今日は胡瓜を茄子と炒めた。小さなトマトと豚の薄切りも一緒だ。
タイの香草をふんだんにいれてある。R0016806pct20
香りは強いが辛味はない。日本人ならこれだけで十分タイ料理
と思うだろう。毎日、毎食 辛い料理ばかり食べているので、
辛味がないとなんとなく俺には物足りない。唐辛子を加えた。
やっとタイ料理かなと思うようになった。
タイ人は胡瓜の皮を剥いてから食べる。日本人は皮ごと胡瓜を
食べる。この胡瓜も皮を剥いてから炒めてある。
胡瓜がしなっと柔らかになり、透き通るような色合いになる。
炒めた胡瓜も結構うまいもんだ。

2006/3/30

クチコミblogランキング TREview

|

« ゲンラオ(ラオスの食事) | トップページ | 今日のカオツム(お粥) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/1222063

この記事へのトラックバック一覧です: 胡瓜と茄子の炒め物:

« ゲンラオ(ラオスの食事) | トップページ | 今日のカオツム(お粥) »