« ラオスのサンドイッチ | トップページ | ほうとう »

2006年4月23日 (日)

焼ソーメン

焼肉も終わり近くになり、腹がいっぱいになりかけた。
ヌチャナートはソーメンを焼肉用石板の上にのせた。
これで焼ソバ、つまりパットメーのようなものを作ろうとしている
のだろうと思っていた。

タイの焼肉鍋は日本のジンギスカン鍋のように中心が盛り上
がっている。鍋の縁には帽子の鍔のようなものがある。帽子の
鍔の部分にスープをいれる。肉や野菜から出る汁はスープの
中に自然に流れ落ちるようになっている。
焼肉の最後に麺類をスープに入れて食べる。
日本人が焼肉の最後にやる焼ソバのようなものは作らない。
俺達はタイでこのような焼肉を食べるとこれはタイ料理だと思う
が、タイ人はこれをタイ料理だとは思っていない。
この焼肉をタイ人は「朝鮮風・・・・」と言っている。朝鮮半島から
伝わった食べ方なのだろう。

R0016906pct45

ヌチャナートはどのような発想からソーメンを焼こうと思いついた
のだろう?この食べ方はタイ料理にはない。
ソーメンを石板の上に乗せた。俺はソーメンを石板の上で掻き混
ぜて炒めなかった。昔を思い出したからだ。

台湾人がやっている店があった。其処の焼ソバは全体を掻き混ぜ
て炒めた後、ソバをフライパンに入れたまま熱する。
そうするとパリッとしたオコゲができる。焼ソバのオコゲは香ばしく
て美味しいのだ。その店から帰った同僚が怒っていた。
「あの店は焼ソバを焦がしやがった。もう行かねえぞ!」
店の意図が客に伝わらなかったのだ。

ソーメンがそろそろオコゲに成るはずだ。
石板にこびりついたソーメンをゆっくり剥がして、裏返した。
狐色のオコゲができていた。
「ヌチャナート、食べてごらん。美味しいよ」
「うん、美味しいわね。」
ヌチャナートの意図したものとは違っていただろうが、それでも
美味しく食べられた。この料理はなんというのだろう?
焼きソーメンとしておこう。

2006/4/22

|

« ラオスのサンドイッチ | トップページ | ほうとう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/1505729

この記事へのトラックバック一覧です: 焼ソーメン:

» タイでバーベキュー。焼肉。馬杉。 [メタルと、旅と、激辛と、俺。]
毎日毎日、俺はタイのご飯ばかり食べて、たまには、日本食が食べたいなぁ。と思った俺 [続きを読む]

受信: 2006年5月26日 (金) 00時09分

« ラオスのサンドイッチ | トップページ | ほうとう »