« 今日もトムチュート | トップページ | フランス語のメニュウ »

2006年4月 5日 (水)

豚の脛肉

ドイツ人は豚の脛肉を塩漬けにしておく。それを煮込んで柔らかく
してよく食べる。この料理も結構美味いものだ。

豚の脛肉を売っていた。ドイツ人の料理を思い出して、これを
買おうと言った。
ヌチャナートは「いらない。ほしくない」と言うが俺は買った。
タイ人はこの肉をドイツ人とは違う調理をすると思ったからだ。
ドイツ人とは違う香辛料や香草で味付けしてから調理すると
思っていた。それなのに、それなのに茹で上げただけだ。
なんだか馬鹿にされたようでがっくりきた。

俺は脛肉がそのまま皿に乗ってでると思っていた。
それなのに一口サイズに切り分けていた。
「あーら、これをトムヤンカームウにすればよかった」なんて
のたまわっている。

R0016837pct20

いつものように唐辛子ソースがあった。もう一つガピイを使った
ソースがあった。色と見かけが悪いがガピイのソースは旨味が
強い。海老やカニが好きな人は絶対にこのガピイを使ったソース
が気に入る。

期待、想像していた豚脛肉の料理ではなかったがこれはこれで
結構美味いのだ。豚肉からでた旨味でスープがいい味になって
いる。お行儀が悪いとは知っているが、このスープにご飯を入
れた。こんな美味い食べ方なのに、日本人はお行儀が悪いと
言ってこの食べ方を蔑む。
こうして食べるとスープもご飯も美味しく食べられるのになあ・・・

2006/4/5

クチコミblogランキング TREview

|

« 今日もトムチュート | トップページ | フランス語のメニュウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/1293289

この記事へのトラックバック一覧です: 豚の脛肉:

« 今日もトムチュート | トップページ | フランス語のメニュウ »