« 赤貝 | トップページ | 黒鯛に襲われる »

2006年5月14日 (日)

ワカサギ

小さなワカサギを買って来た。ヌチャナートはこれを醗酵させて
料理の調味に使う。魚の醗酵品だからにおいはきついが旨味
も強い。
「美味しくできたわ。買う必要ないわよ」

R0017039pct20_2

またこのワカサギも醗酵させるのかと思っていた。今回は
ワカサギに塩をふって軽くまぶしている。そして網に入れて
乾燥させている。どの程度まで乾燥させるのか知らない。
「乾いたら、油で揚げるのよ。きっとサミイは好きだと思うわ」
どんなものができるのか分からないが、ヌチャナートが美味しい
というのだから、きっと美味しい
と思う。

中華料理の食材屋ができた。このような店にはタイの食材も
おいてある。店に入るとフィリッピンの食材もあった。
フィリッピンの食材に魚の醗酵品があった。ヌチャナートは
それを買い求めた。
店主が言った。
「売っているけど、それ何に使うのか知らないんですよ。
何に使うんですか?」
「サラダに使うといってますよ。」
「アタシはこれをサラダに入れるのよ。サミイは絶対に食べない
と思うわ」
フィリッピンの魚の醗酵品をタイのものと同じように使っている。
東南アジア一帯は魚を醗酵させた調味料圏なのだ。
ヌチャナートはこれを煮物にも使っている。
俺がこの臭いを嫌うのを知っているので、この醗酵品を使う時は
わざと俺に見せて笑っている。
日本人が外人に納豆を食わせて、臭がるのを面白がるみたいだ。

クチコミblogランキング TREview

2006/5/14

|

« 赤貝 | トップページ | 黒鯛に襲われる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/1796859

この記事へのトラックバック一覧です: ワカサギ:

« 赤貝 | トップページ | 黒鯛に襲われる »