« ゴーヤを植える | トップページ | タイ風イカ塩辛 »

2006年5月 7日 (日)

カオニョウ餅米

タイ東北部では餅米を多用する。餅米は竹で編んだ帽子のような
もので蒸し揚げる。何処かに写真があるはずだが、見つからない
ので写真はいつか掲載しよう。
そのような帽子がないのでヌチャナートは日本で餅米を食べる
ことはできないと思っていた。 日本の餅米の蒸し方を俺が
示した。
ちょっと水っぽいがまあまあ食べられる。
ヌチャナートはそれを見て自分で餅米の蒸し方を工夫した。
一晩、米を水につけておく。蒸し器に布巾を敷いて蒸しあげる。
これでタイで食べるのと同じような餅米ができあがる。
時々、思い出したように餅米を蒸している。

R0016977pct20

これを同じく竹で作った、お櫃に入れる。大型の物は不要なので
一人前のものを求めた。レストランで餅米を注文すると、こんな
容器で出してくる。屋台では乾燥しないように餅米をポリ袋に入れ
ておき、お持ち帰り用にしている。

帽子のような餅米を蒸す道具の写真を探していたらこんな写真
が見つかった。これは軍隊のような場所で大量のカオニョウを蒸
す方法だ。

Dscf1088pct60

帽子のような蒸し器は家庭、屋台の店とかレストランなどで蒸す
方法だ。軍隊ではそんなまどろこしい方法を取っていられない。
ぶっ太い煙突のようなもの何段もの笊を上下に並べている。
それを下から蒸すのだ。蒸しあがると煙突を持ち上げる。

Dscf1089rpct80

物好きでないとこんな光景が目に入っても写真を撮ることはない
だろう。

クチコミblogランキング TREview

2006.5.7

|

« ゴーヤを植える | トップページ | タイ風イカ塩辛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/1703757

この記事へのトラックバック一覧です: カオニョウ餅米:

« ゴーヤを植える | トップページ | タイ風イカ塩辛 »