« タイスキ日本版 | トップページ | タイカレーの地方性 »

2006年5月 2日 (火)

牛の角クラジュブ

乾季にタイを旅すると、道路脇で牛の角のような絵を描いた看板
をよく見かける。何かの宣伝だということは分かるが、牛の角の
ような絵を黒一色で描くだけだ。
宣伝文句は書いていない。秘密結社の暗号かと思ってしまう。
この牛の角のようなものはクラジュブというものでなんとも不恰好
な形をしている。ヌチャナートに聞いたら「カオクワイ」と言っていた。
水牛の角という意味だ。俺は感覚的に牛の角と言った。
人間の感覚は大体同じなのだ。乾季になると大きくなり食べごろ
になる。蓮と同じように水中にあるという。これを求めた。

Clip_image001
ヌチャナートは
「そんなものなんで買うの?美味しくないわよ。」
なんて言う。旨い不味いは俺にとっては問題外なのだ。
以前も食べたがあまり旨いものでは無かった記憶がある。
もうその味を忘れたので思い出したかっただけだ。
黒い殻を割るとなかから白い実が出てきた。それを食べる。
あんまり旨くない。幾つか食べていると中には美味しいものも
ある。美味しいものは栗のような味がする。これなら、食えるな。
淡白な味なので飽きがこないかもしれない。季節の味なのだろう
か?タイの人々はこれが出始めると、新年が来たのだと感じる
果物?なのだろうか?

クチコミblogランキング TREview

2006/5/2

|

« タイスキ日本版 | トップページ | タイカレーの地方性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/1646858

この記事へのトラックバック一覧です: 牛の角クラジュブ:

« タイスキ日本版 | トップページ | タイカレーの地方性 »