« タイカレーの地方性 | トップページ | タクライ(レモングラス) »

2006年5月 3日 (水)

ラードで炒め物

豚の背脂肪を鍋で暖める。そうすると油が溜まる。油を失った
背脂肪の方は小さくなり狐色になる。この背脂肪の部分がカリっと
して旨味がある。油は炒め物に使う。
豚の背脂肪なんて買う人が少ないから安いもんだ。

R0016944pct20
油を取った鍋でさやえんどうと生椎茸の炒め物を作った。
勿論、カリッとした背脂肪部分も一緒に炒めた。
ラードで炒めると植物油で炒めた物とは違う旨味がある。
この炒め物の欠点は料理が冷めると途端に油が固まり不味く
なる。

R0016945pct20 

今の日本でラードを使って料理をする家庭は少ない。
ヌチャナートはスーパーや商店街で目ざとくいろいろな食品を
見つける。この食品はこのように調理すると美味しいと知って
いる。なんでも食べられるようにしてしまう。
この豚の背脂肪もその良い一例だ。

クチコミblogランキング TREview

2006/5/2

|

« タイカレーの地方性 | トップページ | タクライ(レモングラス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/1656522

この記事へのトラックバック一覧です: ラードで炒め物:

« タイカレーの地方性 | トップページ | タクライ(レモングラス) »