« 牛の角クラジュブ | トップページ | ラードで炒め物 »

2006年5月 3日 (水)

タイカレーの地方性

タイカレーを食べたくても、頼まないとヌチャナートは作ってくれ
ない。我々がタイカレーと言うものをヌチャナートはゲンカリーと
言っている。
「ゲンカリーを作ってくれない?」と俺は頼むがヌチャナートは
「なんであんなものを食べるの?」と機嫌が悪い時は相手にされ
ない。今日は機嫌が良かったらしい。お願いすると愛想よく
「いいわよ」と言った。
「ねえ!ガティーある?」ガティーはココナッツミルクのことだ。
これがなかったならタイカレーの味がでない。
「明日、ガティーを買いに行ってくるよ」
ご機嫌がいい時にはガティーがない。またゲンカリーを食べること
ができない。

俺達はタイカレーこそがタイ料理の本質のように思っている。
タイカレーつまりゲンカリーはバンコックから南のマレーシア方面
の料理らしい。ヌチャナートが育った東北部のタイではあまり食べ
ないようだ。俺がゲンカリーを食べたいと言うと、ヌチャナートが
いい顔をしないのはそんな地方性があったのだ。
大阪出身の人に山形の芋煮を作ってくれと頼むようなものか
なあ?

ヌチャナートが作ってくれるゲンカリーは美味しい。
俺達がレシピーを見て忠実にゲンカリーを作ってもヌチャナートの
味がでない。ウチでヌチャナートのゲンカリーを食べた人が呟いた。
「この味をだせないのよね」

カレーの関連記事はここにあります。

タイのカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_5144.html

タイカレーよ    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_5578.html

三色のカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_574d.html

タイカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_e532.html

インドカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_a7ae.html

竹の子入りカレー   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_fd8c.html

インドカレーその後   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_a436.html

みずなのカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_fa26.html

タイカレーが出る   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_89f1.html

タイカレーの地方性   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_596a.html

パパイヤカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_34f4.html

クチコミblogランキング TREview

2006/5/2

|

« 牛の角クラジュブ | トップページ | ラードで炒め物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/1656507

この記事へのトラックバック一覧です: タイカレーの地方性:

« 牛の角クラジュブ | トップページ | ラードで炒め物 »