« えのき茸のサラダ | トップページ | 手羽先と苦瓜 »

2006年5月28日 (日)

砂肝のラープ

日本人の肉食は明治以降に始まった。日本ではまだ本当の肉食
文化はない。昔から肉食をしていた民族は肉を無駄にしない。
食べられる部位はどんなものでも食べてしまう。
日本の仏教は四足を食べることを禁じているが、タイの仏教は
四足を食べることを禁じていない。昔から肉食をしていたから、
タイ人は肉を無駄にしない。内臓の料理も沢山ある。
日本では内臓料理はホルモン焼とモツ煮込み程度だ。

R0017097pct20

小さな肉屋で鳥の砂肝を見つけた。
「これでラープを作りましょうよ。美味しいわよ」
「ああ、いいね」
ヌチャナートは手早くラープを作った。タイではこれをもち米で
食べる。もち米の甘みとラープの辛味があう。
これで酒を飲むと美味い。肉を摘むと
「おお、辛れえーーーー!」
と飛び上がるほど辛いが、同時に肉の旨味が口に広がる。
サラネーと呼ぶミントの葉の香りがいい。辛味を洗い流す為に
酒をぐいと飲む。ラープを食べると酒がほしくなるのだ。
ラープは俺の大好きなタイ料理なのだ。

クチコミblogランキング TREview

ラープの関連記事はここにあります。

ラープ    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_6709.html
ラープ    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_6709.html
今日のラープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_d8e4.html
海老のラープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_62b7.html
ラープを食べる   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_11c4.html
ラープをニ品   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_92b1.html
イサーン風ラープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_baa0.html
苦いラープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_40dc.html
砂肝のラープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_67bd.html
ナムトクかラープか   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_68c6.html

2006/5/27

|

« えのき茸のサラダ | トップページ | 手羽先と苦瓜 »

コメント

砂肝のらーぷ!
おいしそうですね~

タイ料理のブログを書いています。
こちらのお料理、参考にさせていただきます!

投稿: らーぷ | 2006年5月28日 (日) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/1967960

この記事へのトラックバック一覧です: 砂肝のラープ:

« えのき茸のサラダ | トップページ | 手羽先と苦瓜 »