« ネムを作る | トップページ | トムヤンタレ、海鮮鍋 »

2006年5月 4日 (木)

タイカレーが出る

やっとタイカレーが出てきた。食いたいと思っても作ってくれないし、
作ってくれると言った時にはココナッツミルクがない。
タイカレーつまりゲンカリーをやっと食べることが出来た。

「サミイ、見てよ。今日のゲンカリーよ。サミイに合わせて辛くない
のにしたのよ。」
「ありがとう」
「辛いゲンカリーはもっと赤いのよ。こんなに白いでしょ。
辛くないと美味しくないわ」
辛くないと言うゲンカリーを食べた。やはり顔から汗が吹き出る。
俺はちょっと辛い物を食べると汗がでる体質らしい。
「この味は日本のタイ料理屋の味だろうね」
「日本人に合わせて辛味を落とすのよ。美味しくないわ。」
ヌチャナートが美味しいと感じるゲンカリーが欲しかった。
ヌチャナートの料理はタイの家庭料理としては完璧な味だ。
幾ら辛さを抑えた料理だとは言え、生唐辛子が何本か入っている。
生唐辛子は縦に半分に切ってある。
それを食べるとやはり辛い!!!
辛さの尺度を考えた。
立ち食い蕎麦などでいれる唐辛子の量を辛さレベル1としよう。
ヌチャナートが言う辛さ、つまりタイ人にとって普通のゲンカリー
の辛さをレベル10としよう。
今日のゲンカリーの辛さはレベル4-5程度かもしれない。
俺にはこれ以上の辛さになると、レベル6でもレベル10でも同じ
ように感じられる。もう細かい辛さのレベルを測れない。
舌が麻痺してしまう。

今度、ゲンカリーを作る時はタイの普通の辛さのものを作って
もらおう。

R0016958pct20

クチコミblogランキング TREview

カレーの関連記事はここにあります。

タイのカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_5144.html

タイカレーよ    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_5578.html

三色のカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_574d.html

タイカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_e532.html

インドカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_a7ae.html

竹の子入りカレー   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_fd8c.html

インドカレーその後   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_a436.html

みずなのカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_fa26.html

タイカレーが出る   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_89f1.html

タイカレーの地方性   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_596a.html

パパイヤカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_34f4.html

2006/5/4

|

« ネムを作る | トップページ | トムヤンタレ、海鮮鍋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/1674709

この記事へのトラックバック一覧です: タイカレーが出る:

« ネムを作る | トップページ | トムヤンタレ、海鮮鍋 »