« 犬も辛い食事 | トップページ | 苦いラープ »

2006年5月30日 (火)

アスパラと豚肉の炒め物

これも俺が大好きな料理だ。俺がアスパラを買うとヌチャナートは
「好きねえ」と呆れたような顔をする。それでも旦那が好きなもの
だから、アスパラ料理を作ってくれる。
店には何種類かのアスパラがあった。
「こっちの方が安いから、こっちにしましょうよ。そっちは戻して
おいて」
主婦は強いよ!命令されて、俺はアスパラをのこのこと元の所
に戻しに行った。

R0017113pct20


俺には昔の経験からアスパラは寒いところの野菜と言う観念が
付きまとっている。アスパラは暑い所でも育つのだ。
タイの市場にもある。市場でアスパラを買った。
「これをタイ語でなんというの?」店のおばさんに聞いた。
「ノーマイファラングよ」
「えっ?!」自分の耳を疑った。
現在のタイ語には英語が外来語として沢山入り込んでいるから、
アスパラガスに近い音が返ってくると予想していた。
例えばアスパラガートなんて言うのだと思っていた。
それが直訳するとタイ人はアスパラのことを「外国の竹の子」と
呼ぶのだ。言われて見ればアスパラは竹の子のような形を
している。「外国の」とわざわざ断るのだから、アスパラはタイに
自生していた野菜ではない。外国から移植されたものだと言葉
からもわかる。

豚肉と一緒にアスパラを炒めてナンプラで味付けしただけの
簡単な料理だ。生の唐辛子と一緒に食べると、旨みが増す。
タイの料理は唐辛子と一緒に食べることを前提にして味付け
するように思えてきた。
それは事実だと思う。和食に比べて塩分が少ないのだ。
和食と同じように塩分を入れて、唐辛子を加えたならとても食えないだろう。

クチコミblogランキング TREview

2006/5/30

|

« 犬も辛い食事 | トップページ | 苦いラープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/2002412

この記事へのトラックバック一覧です: アスパラと豚肉の炒め物:

« 犬も辛い食事 | トップページ | 苦いラープ »