« 竹輪麩 | トップページ | 和食を作る »

2006年6月28日 (水)

インド料理とタイ人

タイ料理は辛いからタイ人は辛い物ならなんでも好きだと俺達は想像する。
唐辛子ソースのタバスコソースをヌチャナートに食べさせると、美味しくないと言う。
タバスコソースには酸味があるから好まないらしい。
ヌチャナートを隣国ラオスに連れて行った。
インド人が経営するインド料理店で食事をすることにした。
ラオスでインド料理と言うと怪訝な顔をする人がいるかもしれない。
陸続きの国なのでタイやラオス、マレー、シンガポールなどには多くのインド人が生活している。
タイやラオスでインド料理と言ってもおかしな所は一つもないと俺は思っている。

俺にとってインド料理というのは何を注文してもカレー味なのだ。
インド人から見れば、ちゃんと違う味かもしれない。
日本人から見るとみんな同じ味なのだ。
ごめんねインドの皆様。

辛い物が好きなタイ人だから辛いインド料理も当然好きだと俺は思う。
ヌチャナートが喜ぶだろうと思って連れて行ったのに、インド料理にはほとんど手をつけなかった。
ガーリック入りのナンだけを美味しいと言って食べただけだ。

日本に来たタイ人と町を歩いていたら、インドカレーの臭いがしてきた。
タイ人は嫌な臭い、悪臭、嫌悪する臭いと評して嫌な顔をしていた。

タイ人はインド料理は嫌いなのだ。
ヌチャナートに言わせると、インド料理やイタリヤのピザは「臭いがきついのよね」となる。
日本人に言わせれば「タイ料理は臭いがきつい。パクチーなんて臭くて食えない」となる。

国民による食の好みを知ると面白いものがある。

2006/6/28

|

« 竹輪麩 | トップページ | 和食を作る »