« 薬膳:唐辛子酢 | トップページ | 王宮料理 »

2006年6月 3日 (土)

苦瓜の葉

R0017132 ホームセンターの園芸部門にいた。
「あら、苦瓜があるわ。これを買いましょうよ。」
こんなものをベランダで栽培できない。畑がなくちゃ駄目だ。
ベランダで育てるにしても蔓が延びる場所を確保しなくてはいけない。買うのを躊躇った。
ヌチャナートがこれを家に欲しいと言うので買うことにした。

ベランダの小さな鉢に苦瓜を植えた。一メートルほどの棒を鉢に刺した。
「こんな高さしかないよ」
「大丈夫よ。大きくならないわよ」
俺は実が大きくならないのだと思っていた。
小さな実が出来ると、摘みとって食べるから、大きな実ができないのだと思った。

今朝「あの野菜を食べる?」と言うのだ。
何のことを言っているのか分からない。
食事の最中に「あっ!そうだ!」と言いながらヌーが立ち上がった。そして苦瓜の葉を摘んできた。
柔らかい葉だ。それにうっすらとした苦味がある。
カノンと魚を醗酵させたものを叩き潰した料理を葉に包んで食べたら美味い。
このように苦瓜の葉を食べるのだ。
これじゃあ、苦瓜は大きくなるはずがない。

2006/6/3

|

« 薬膳:唐辛子酢 | トップページ | 王宮料理 »