« 豆腐のトムチュート | トップページ | 味噌みたい »

2006年6月 7日 (水)

鶏肉と野菜のシチュウ

R0017161pct20

このように言えばいいのかな?ヌチャナートも名前を知らないら
しい。
要するに適当なものを鍋にぶっこみ、煮ただけだ。
でも美味いよ。名前を聞いたら、「うーん」と考えながらたしか
ゲンガイサイパクとか言っていた。
鶏肉と野菜の煮込みなのだ。野菜の中には苦瓜の葉っぱも入って
いる。苦瓜の若い葉をほろ苦くて美味しい。
初めて食べたが、美
味しさに驚いた。
ヌチャナートは食べ物を盛る器に気を使わない。
文句を言うと「そんなものなんでもいいじゃない!」と怒る。
「この器はな、中華料理に使うものだ!例えばだな、ラーメンを
盛る
時にこの器を使うのだ。
こっちの器は味噌汁以外につかって
はいけないのだ」
「あらそう?この器は綺麗じゃない。あたし、これが気に入っている
よ!」全く相手にされない。
日本では食器ごとに盛る食事が違う。お椀にご飯を盛ることはな
い。
小皿に入れるのは刺身用の醤油。あるいは沢庵二切れ。
小鉢に入れるのはおしんこ、酢の物・・・・・と決まっている。
この料理の話をしなくてはいけない。
あんまり辛くない。この出汁がうまい。俺がもっと野菜を食べる
よう
にと作ってくれた料理だ。野菜を一生懸命に食べた。

2006/6/7

|

« 豆腐のトムチュート | トップページ | 味噌みたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/2118871

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏肉と野菜のシチュウ:

« 豆腐のトムチュート | トップページ | 味噌みたい »