« 苦瓜のトムチュート | トップページ | インド料理とタイ人 »

2006年6月28日 (水)

竹輪麩

竹輪麩というのはおでんの材料で、竹輪のような形をしているが、
魚の味がしない、小麦粉かなにかで作ったものだ。これは俺が大嫌いな食べ物だ。
何故、俺が竹輪麩を嫌うのか俺の話を聞いてくれ。
俺ん家では大きな鍋でおでんを作った。
こういうものは大きな鍋でいろいろなものをぶっこんで煮込むと美味くなる。
大勢で一つの鍋をつついて食べるおでんは美味かった。
人数が多いから早いところ自分の好きな物を確保しておかないと誰かに取られてしまう。
俺は大きく切った竹輪を狙った。それを齧ると竹輪ではなかった。
竹輪麩なのだ。魚の味がしない。魚だと期待しているのに、魚の味がしないと
物凄く不味く感じるものだ。
もう二度とこの間違いを犯さないぞと心に誓った。
竹輪を取る前に竹輪麩でないことを確認してから取ろうと堅く堅く心に決めた。

次のおでんの時、心に誓ったことを忘れて、よく確認しないまま竹輪を取った。
大きな兄や姉に竹輪を取られたくないから慌ててとったのだ。
齧ると竹輪でなくて竹輪麩だった。
その時は、悲しくて不味くて切なかった。それ以来、俺は竹輪麩が嫌いになった。
竹輪麩は食わないことにした。

スーパーで竹輪麩が目に入った。タイにはこのような食品はない。
ヌチャナートはこれを知らないはずだ。ヌチャナートに竹輪麩を食べさせてみよう。
彼女がどんな反応を示すか想像しニヤニヤしながら竹輪麩を買った。
ヌチャナートならこれを使って日本人の発想にない料理を作るはずだ。
「ヌー!これを食べてごらん?」
「知っているわよ。魚でしょ!」
「味見してごらん」
ヌチャナートは味見して驚いていた。
「なああにこれ?魚じゃないわ!」
「アハハハ・・・」
ヌチャナートも騙された。ヌチャナートが驚く様を見て俺は可笑しがった。
それでもヌチャナートは竹輪麩を味見していた。
「ああ、これはもち米ね。」もち米の加工品だと彼女は思った。
味見をしながら何かを考えている様子だ。
「これでナニナニを作ると美味しいわよ」何か俺の知らない料理の名前をあげている。R0017273
「お粥に入れても美味しいわ。明日お粥を作ってあげるわ。食べるでしょ?」
こんなことから竹輪麩入りのおかゆが出来上がった。
歯応えのないおかゆの中に歯応えのある竹輪麩がある。
竹輪麩をこんな風に使うなんて思いもよらなかった。
ナンプラを使ったスープにも竹輪麩をいれた。
これは澄まし汁に麩をいれたような感じに出来上がっていた。

写真をクリックすると大きくなります。

2006/6/27

|

« 苦瓜のトムチュート | トップページ | インド料理とタイ人 »