« ヤムホイ | トップページ | 朝顔の炒め物 »

2006年6月12日 (月)

酸っぱい竹の子

R0017171pct20

醗酵させて酸味のでた竹の子がある。それに袋茸、鶏肉を煮込んだ。
ちょっとだけ酸っぱい料理だ。酸味と辛味があっている。
黒い袋茸をプチリと噛むと袋の中に入り込んだスープが出てくる。
この茸はほかの茸よりも高い。噛み応えがいい。
全体の味が纏まっていて美味しい。

袋茸はヌチャナートの好物だ。この竹の子もヌチャナートが好きな
食べ物だ。竹の子は関節に悪いと言いながら、好きなものだから
よく竹の子を買う。
「美味しいのよね」と言いながら竹の子を食べている。
竹の子を醗酵させるのはタイだけだろうか?
ラオス、カンボジア、ベトナムにもあるかもしれない。
俺達が子供の頃は支那竹と言っていた竹の子は最近ではメンマ
と言う。麺に入れる麻竹の竹の子だから麺麻でメンマとなるらしい。
俺には支那竹と言う方が親しみやすい。
支那と言う言葉は差別用語なのかな??
支那竹も乳酸醗酵させているらしい。味付けしていないメンマを食べ
たことがない。元の味はどんな味か俺はしらない。
多分酸味があるのだろう。
タイの酸っぱい竹の子は孟宗竹を使っているのか?
それとも他の竹の竹の子を使っているのだろうか?

2006/6/12

|

« ヤムホイ | トップページ | 朝顔の炒め物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/2191189

この記事へのトラックバック一覧です: 酸っぱい竹の子:

« ヤムホイ | トップページ | 朝顔の炒め物 »