« ドリアン | トップページ | ゲンヤムセンサイパク »

2006年6月25日 (日)

ラープをニ品

R0017263 ラープを作ってくれた。一つは俺が食べるようにしたものだ。こちらは加熱した肉を使ったラープだ。

もう一つはヌチャナート用のものだ。ヌチャナートの物は肉を加熱していない。食べ比べてみると、加熱した肉の方が食べやすいが生のものより味が落ちる。R0017264
加熱していない物の方が美味しい。肉の噛み応えもいい。ちょっと肉が歯の裏にくっつく感じがする。
これは牛肉の刺身と言える。しかし、タイの汚い店で生のラープを食べるのは危険だ。
まな板も包丁もろくに洗わない。タイ人の包丁を砥いで、驚いた。砥石の上に脂などが黒く付く。脂が落ちてから鉄の部分を砥げるようになる。包丁に付いた脂を取り除くのにかなり時間がかかった。
砥石を買う金がないのか、砥ぐことを知らないのか?彼等は包丁を砥がない。
包丁が切れなくなると、ソムタムを作る素焼きの壷に包丁を擦っているのを見た。

写真をクリックすると大きくなります。

ラープの関連記事はここにあります。

ラープ    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_6709.html
ラープ    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_6709.html
今日のラープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_d8e4.html
海老のラープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_62b7.html
ラープを食べる   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_11c4.html
ラープをニ品   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_92b1.html
イサーン風ラープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_baa0.html
苦いラープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_40dc.html
砂肝のラープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_67bd.html
ナムトクかラープか   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_68c6.html

2006・6・25

|

« ドリアン | トップページ | ゲンヤムセンサイパク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドリアン | トップページ | ゲンヤムセンサイパク »