« 豚肉の炒め物 | トップページ | ヤングコーンと豚肉 »

2006年6月24日 (土)

常識の差 日本人とタイ人

今日の弁当は牛肉を焼いたものだけだ。
写真を撮ろうとしたが、焼肉なんてみんな同じような姿だ。
それじゃあ、写真を撮っても余り面白みがないので撮影は止めた。
いつもは唐辛子の赤みが何処かにあるが、今日の弁当には唐辛子が入っていない。
しかし、ご飯の上に先日の「魚のそぼろ」が乗っていた。
これがカレエーが、美味でウメー!これだけでご飯を食べてしまうことができる。
小松菜を茹でたものがついている。
タイ人は茹でた野菜を手でくるくると丸めて「魚のそぼろ」と一緒に食べる。
ヌチャナートは俺が当然そうするものだと考えている。
日本人なら小松菜を箸で取れるように小さく切るがヌチャナートは切らない。
丸めることができるように大きなまま小松菜を茹で上げている。
日本人の常識とタイ人の常識の差がこんな所にもでてくるのだ。

2006/6/21

|

« 豚肉の炒め物 | トップページ | ヤングコーンと豚肉 »