« イカの塩辛 | トップページ | 今日は焼肉 »

2006年7月13日 (木)

パクチーラオ

R0017354pct20

ヌチャナートがパクチーラオと言う香菜をベランダで育てていた。
小さな黄色い花が咲いた。
「出来が悪い」とかなんとかぶつぶつ言いながら調理していた。
「まだ種はあるよね」
「ええ、もう播いたわ」
タイ人はせり科の植物はなんでもパクチーと言うようだ。
セロリもパセリもパクチーなのだ。
俺たちが普通にパクチーと呼ぶのは英名コリアンダーのことだ。

食べると、特有な香りと苦味がある。ちょっと食べるのを躊躇った。
「口に合わないの?」
「・・・・」
「あたしが食べるわ。スープを飲んでよ。」
スープにはいい出汁がでている。美味しいスープになっている。
思わず、二口、三口とスープをすすっていた。

2006/7/12

|

« イカの塩辛 | トップページ | 今日は焼肉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/2630911

この記事へのトラックバック一覧です: パクチーラオ:

« イカの塩辛 | トップページ | 今日は焼肉 »