« 電車の中で鞄を | トップページ | 胡瓜の効果 »

2006年7月 6日 (木)

クンナンプラ

R0017322pct20

これは単純な料理だ。茹でた海老あるいは生の海老にナンプラをかけ唐辛子とニンニクをまぶしただけの料理ともいえないような料理だ。
だがこれを馬鹿にしてはいけない。
海老の甘みが唐辛子やニンニクの辛味とあって実に美味いのだ。
これを食べると日本人は誰でもこの味に病みつきになる。
今日の海老は茹でてあるが、生も美味しいよ。

この海老は猫のサダムに買ったものだ。ヌチャナートはサダムのためなら海老を買う。今日はどういう風の吹き回しか知らないが、サダムの海老を俺の飯にしてくれた。
俺はサダムに悪いなと思いながら海老を食った。
何で俺がサダムに気を使わなくてはいけないのだ!?
この家ではヌチャナートが一番偉くて次がサダム、一番最後に俺が来るとヌチャナートは主張する。
何時からヌチャナートはそんなに強くなったのだろう。

クンナンプラの関連記事はここにあります。

クンナンプラと海老の踊食い 
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_f2b1.html

クンナンプラ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_19eb_1.html

クンナンプラ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_19eb.html

クンナンプラ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_19eb.html

2006/7/6

|

« 電車の中で鞄を | トップページ | 胡瓜の効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/2528325

この記事へのトラックバック一覧です: クンナンプラ:

« 電車の中で鞄を | トップページ | 胡瓜の効果 »