« 豚肉と茸の炒め物 | トップページ | もち米 »

2006年7月 1日 (土)

ローストポーク

猫のサダムがキイボードのキイーを爪で剥がしてしまった。
細かい部品の一部が何処かに飛んでしまい、なくなった。
イライラしながら部品を探している。
「ねえ、何を食べるの?あれがいい?それともこれ?」
何を言われたのか分からないが、「あれ?」だか「これ?」と
言った時、タイミングよく「うん」と返事をした。
料理が何なのかわからない。何が出てきても食う覚悟ができているから
適当な返事でも構わないのだ。
タイ人とタイ語で生活する知恵のようなものだ。
言葉なんかわからなくとも、これで何とかなってしまうのが面白い所だ。

グリルに火が点いている。何かを焼いているのだ。
それが昼飯になるとは思ってもいなかった。
ヌチャナートが「あれ」だか「これ」と言ったのはこの料理のことだったのだ。

「この位でいいかしら」
焼き上げた肉を持ってきた。周囲が焼けて中は赤い。まだ赤い汁が少し出てくる。
いかにも美味そうに焼きあがっている。
今すぐ食べたいような焼き上がりだ。
このように焼き上げるのは簡単なようで難しい。
「生」か「焼けすぎ」になるのが普通だ。
この料理は英語で言えばローストポークだ。タイ語じゃあムウピンかな?
それじゃあ、あの時「ムウピンにする?」って聞かれたのかな?
R0017287 分からないのに返事をするなんて無責任な話だ。
家に帰ったら「美味しかったよ!」って言わなくちゃいけない。
そうすれば、俺がいい加減に返事をしていたことが帳消しになる。

昼になると中心部の赤いところがピンクになってしまう。惜しいなあ。
肉はまだ堅くならず、柔らかく美味しい。
今日は緑の唐辛子が入っていた。
この他に茹でたキャベツがついており、栄養的には立派なものだ。

写真をクリックすると大きくなります。

2006/6/30

|

« 豚肉と茸の炒め物 | トップページ | もち米 »