« 鶏肉と椎茸 | トップページ | 牛丼を食べる »

2006年7月31日 (月)

温泉卵でない

ヌチャナートが時々作る卵料理?がある。
料理と言えるかどうかわからない料理だ。
あまりにも簡単すぎて料理とは言わない、言えないのだ。
タイの鶏卵は赤い皮だ。これは軍鶏の卵なのだろう。
この卵を茹でるのだ。卵に熱が通り白味がちょっと固まり始めた時に
卵を湯から取り出す。
そしてコップに卵を割って入れる。
更にナンプラを加える。
卵をスプーンでかき回す。
ただこれだけなんだ。
この卵を飲むのだ。これが美味いのだ。温泉卵とは違う旨みがある。
ナンプラがなかったなら醤油で試してごらんなさい。美味しいですよ。
一度、この卵を飲んで好きになった。
大抵、朝に作ってくれる。昼とか夜には作らない。

生卵に醤油をかけたものを熱い炊き立ての白いご飯にぶっかけて
食べる食習慣が日本人にはある。日本人にはこの卵は実に美味い
のだ。白人にこの卵を食べさせようとしても無理がある。
彼等は卵を生で食べる習慣がないからだ。卵は熱をかけて食べる
ものと思い込んでいる。
このような半生の卵は白人にとっては気味が悪い食べ物だろう。

言葉で言うと作り方は極めて簡単でしょ。
やってごらんなさい。白味の全体をちょっとだけ固めるのは意外と
難しいんですよ。大概の場合、白味の外側が固まってしまうのです。
湯の温度と茹でている時に卵を動かすのがコツだと思う。
白味の外側がちょっと固まっても、味に大きな差はでない。
白い固まりがあると見栄えが悪いだけだ。
今度、作ってくれた時に写真を撮ります。

2006/7/31

|

« 鶏肉と椎茸 | トップページ | 牛丼を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/2881267

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉卵でない:

« 鶏肉と椎茸 | トップページ | 牛丼を食べる »