« 自分が好きだから | トップページ | カレイの唐揚げ »

2006年7月 9日 (日)

朝顔料理

日本では空心菜と言う名前で売られている朝顔がある。この炒め物が好きだと何回か書いている。

東京の入谷に鬼子母神がある。「おそれいりやの鬼子母神」と言われている鬼子母神である。このお寺さんは普段は殆ど人が寄り付かないが朝顔市の日だけは大勢の人が押しかける。

朝顔市に出かけた。朝顔市の役員だか、世話人のたまり場所の近くに「つまみ朝顔」というのがあった。
珍しい名前なので世話人だか顔役の人に聞いた。
「この朝顔は食べられるのですか?」
「えっ?何ですか?食べられるかですって?」
「ええ、東南アジアでは朝顔を食べるでしょ」
「ああ、そうなんですか?この朝顔は花だけですよ」
顔役は呆れて可笑しそうに笑い出した。
「私は真面目に聞いているんですよ。」
「ああ、”つまみ朝顔”というから酒のツマミと思ったのですね。
アハハハ・・・。これは芽を摘んで茎を伸ばす朝顔ですよ」
もう一人の顔役が
「これは酒のツマミにはなりませんよ。アハハハ・・・」
「久し振りに面白い話を聞いた。ありがとうございます。アハハハ・・・」
真面目に聞いたのに笑われてしまった。

2006・7・9

|

« 自分が好きだから | トップページ | カレイの唐揚げ »