« とうとうお尻まで | トップページ | ヤマウズラ »

2006年7月27日 (木)

スルメの臭い

自宅でスルメを作ることにした。イカを開いて干せばいいのだから
スルメ作りは簡単だと思った。確かに簡単なのだが、やってみると
それほど簡単ではないことがわかった。
R0017419pct20

例えば生イカが乾燥すると身が縮まる。イカの頭の三角が縮まって
くるくると丸まってしまう。これを三角のままに留めるのは結構大変
なのだ。

干し始めた時期が悪かった。雨続きなのだ。なかなか乾燥しない。
乾燥し始めたらやたらと強いイカの臭いがした。
いやあーーーー酷い臭いだ。今更ここでやめるわけにいかないのだ。

臭いと言うのは周囲に似たような臭いがあると広がらないと聞いた。
イカがスルメになる臭いは海の臭いに近い。
潮風がある場所でスルメを作ってもそれほど酷い臭いがあると感
じない。周囲に潮風や魚の臭いがない住宅地でスルメを作るとイカ
の臭いが何処までも漂う。

氷だらけの北極では臭いが殆どない。
極地で生活しているエスキモーの女が生理で出血していると、血の
臭いが遠くまで届く。血に飢えている北極熊はその臭いを伝って
人間を襲う。そんな話を思い出す。
R0017420pct20

近所の人には迷惑をかけながらスルメを作っている。スルメ作りは
天候を選んでからやろう。住宅地でスルメを作ると大変だ。
近所が窓を閉めている冬の乾燥した日に作るといいのかもしれない。

2006/7/27

|

« とうとうお尻まで | トップページ | ヤマウズラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/2830473

この記事へのトラックバック一覧です: スルメの臭い:

« とうとうお尻まで | トップページ | ヤマウズラ »