« 茸の舐め味噌 | トップページ | 鶏肉の煮物 »

2006年7月26日 (水)

鶏の唐揚と茄子

R0017407pct20_2

安いからと言ってヌチャナートは鶏肉を大量に買い込んだ。
他にも肉を買いたいがヌチャナートは「買う必要ないわよ」と
主張する。ヌチャナートは魚が好きだから、俺の気持ちなんか理解
しないのだ。こういう問題になると主婦の方が発言権が大きい。
文句を言うと「今晩、ご飯ないわよ」
「今晩ご飯を作ってあげないわよ」
と強迫する。あるいは優しく意味ありげに、にっこり笑って
「今晩、ご飯食べたい?」と聞く。
「ご飯が食べたいなら、あたしの言うことを聞きなさい」
と暗黙のうちに強迫しているのだ。
しょうがないからヌチャナートの主張を通す。
いや、ヌチャナートに負けたのだ。

そんなわけで今日も鶏肉だ。今日は唐揚になった。
フライパンに少量の油を入れただけで、英語で言うDEEP FRYの
状態にしてしまう。この技量にはいつも感心する。
油はほんの少ししか使わないのにDEEP FRYの物と変らない。
茄子も一緒に揚げている。これにナンプラと生唐辛子のソースが
ついている。唐揚にこのソースをかけると美味いのだ。
茄子もこうやって油で炒めたものは美味しい。日本人ならこれに
味噌を加える。味噌と一緒に炒めた茄子もうまいなあ。
好きな食べ物の一つだ。
油とナンプラの旨みが調和し、それに唐辛子の刺激が加わるのだ。
鶏の唐揚なんて世界中どこにでもある。
土地ごとに違ったソースを使う。ナンプラと唐辛子という単純なタイ
のソースで食べる鶏の唐揚もいいもんだ。

白っぽい唐辛子はプリキーヌーだと思ったら違った。
これはあまり辛くない種類の唐辛子だった。
赤い唐辛子はタイの普通の唐辛子で普通程度の辛さの唐辛子だ。

2006/7/25

|

« 茸の舐め味噌 | トップページ | 鶏肉の煮物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/2805370

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏の唐揚と茄子:

« 茸の舐め味噌 | トップページ | 鶏肉の煮物 »