« 温泉卵でない | トップページ | パパイヤシチュウ »

2006年7月31日 (月)

牛丼を食べる

今日は朝早く家を出た。昼は何処かで食べるつもりだ。
昼になった。何を食べるか迷った末、牛丼を食べることにした。
この一年間に牛丼を食べるのは何回あったかな?
これで二回目かもしれない。

いつも辛い飯を食っている。たまには辛くない飯を食べるのだ。
牛丼を食べ始めたが、刺激がない。塩味も不足している。
塩っぱいか辛くないと食べられない。
紅生姜を沢山入れた。七味唐辛子も店の人に見られたら恥ずかしい
くらい沢山いれた。
辛味を感じない。蜜柑のよい香りがする。その時、俺は思った。
七味唐辛子というのは香りを良くするためだけに、柑皮やゴマなど
をいれるのではない。
唐辛子の辛味を薄めるためにいろいろな物を混ぜているのだ。
タイ料理では唐辛子をそのまま食べている。
「辛味がないな」と思いながら牛丼を食べていた。
最近、家の料理も辛いと思わなくなっている。
ヌチャナートは唐辛子を控えているのだと思っていた。
いつもと同じように料理をしているとヌチャナートは言う。
「サミイはいつも辛い料理ばかり食べているから、タイ人みたいに
なったのよ」
そうかなあ??

牛丼を食べているうちに汗が吹き出てきた。やはり唐辛子が効き出
したのだ。でも辛いとは感じない。食べ続けるとちょっと舌がぴりぴり
してきた。唐辛子の辛味の効果だ。
唐辛子に慣れてくると、唐辛子の辛味がないと食が進まなくなるようだ。

2006/7/31

|

« 温泉卵でない | トップページ | パパイヤシチュウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/2881285

この記事へのトラックバック一覧です: 牛丼を食べる:

« 温泉卵でない | トップページ | パパイヤシチュウ »