« 卵を持った魚 | トップページ | 昆虫を食べる »

2006年8月28日 (月)

薫製魚

R0017575pct20 こんな薫製の魚があった。淡水魚だという。魚の色から薫製と推定した。
もしかすると乾燥させるとこんな色になるのかなとも思った。
「この魚は海にいるのかそれとも川にいるのか?」
「川よ」おばさんが言う。淡水魚だ。 R0017685pct20
「塩につけて乾燥させるのだね」「そうよ」
「臭くなるから、煙のなかに入れるのだよね」「そうよ。臭くならないわ」
やはり薫製魚だ。味見していないからどんな味なのかわからない。 R0017686pct20
日本人なら焼いてそのまま食べると思う。
ヌチャナートはトムヤンにすると美味しいと言う。
焼いてから煮るのかそのまま煮るのかわからない。
薫製魚を煮ると言うのは日本人の発想にない。R0017700pct20 
別の市場でも違った魚の薫製があった。薫製魚の下を見た。
まるでクロネコヤマトみたいなマークがある。
色使いもクロネコヤマトだ。
しかし子猫がいないのでクロネコヤマトではないのに気づく。

2006/8/11

2006/8/7

クチコミblogランキング TREview

|

« 卵を持った魚 | トップページ | 昆虫を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3238279

この記事へのトラックバック一覧です: 薫製魚:

« 卵を持った魚 | トップページ | 昆虫を食べる »