« ガイヤン・焼鳥 | トップページ | 鶏肉と椎茸 »

2006年8月 3日 (木)

酸っぱい竹の子

今日は醗酵させて酸っぱくなった竹の子と豚肉を炒めた。
「唐辛子は二本でいい?」
「ああいいよ」
はっきり言って二本の唐辛子がどのくらい辛いのかわからない。
食材に油がなければ二本の唐辛子はかなり辛い。
油があればそれほど辛くないはずだ。なんだか分からないけど
料理に唐辛子を二本いれることに合意した。
ヌチャナートは唐辛子を二本加えて醗酵した竹の子と豚肉を炒
めた。この料理だと二本の竹の子はそれほど辛くない。
初めてこの料理を食べる日本人にはかなり辛いはずだ。
俺にとってはちょうどいい辛さだ。R0017457pct20
日本の料理で似たような料理は豚肉の生姜焼きにだ。
竹の子の酸味がちょっと生姜焼きとは違う味にしている。
辛味を調整すれば日本人にも十分に受け入れられる味だ。この味が日本の大衆食堂のメニュウに入ったら嬉しいな。
だって美味しいんだもん。

2006/8/3

クチコミblogランキング TREview

|

« ガイヤン・焼鳥 | トップページ | 鶏肉と椎茸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/2921717

この記事へのトラックバック一覧です: 酸っぱい竹の子:

« ガイヤン・焼鳥 | トップページ | 鶏肉と椎茸 »