« 豚の鼻 | トップページ | 近所の女 »

2006年8月27日 (日)

ピーに捧げる

近所の人が宝くじに当たったと喜んでいた。下級公務員の一月分ほどの金額だ。その幸運を近所の人と酒と食事で祝おうというのだ。お祝いの前に土着の神ピーに捧げ物をする。

ピーというのは八百万の神で大地の神、大木の神とかいろいろあるようだ。
日本の村の入り口にある道祖神などもタイ人が考えるピーと同じだ。
R0017817pct20ピーが豚の頭を好むのかどうか知らないが、ここでは豚の頭を捧げ、頭に線香を立てていた。大地のピーに捧げるのだと近所の人は言っていた。宝くじとピーを結びつける所が面白い。

俺はこれを見た後、直ぐに他の場所に出かけたのでどのような儀式が行われ、豚の頭をどのように食べたのか見ていない。豚の頭は食べるだけでなく、儀式にも使われるのだ。

気のせいだろうか?この豚は笑っているような気がする。
鼻を空に向けて、口をちょっとあけている。どう見ても笑っているように見える。

2006/8/16

クチコミblogランキング TREview

|

« 豚の鼻 | トップページ | 近所の女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3226837

この記事へのトラックバック一覧です: ピーに捧げる:

« 豚の鼻 | トップページ | 近所の女 »