« バナナの葉を売る | トップページ | 竹の子と漬物 »

2006年8月29日 (火)

ネムと鶏手羽

ネムというのは豚肉を発酵させたものだ。
酸味があり、唐辛子の辛み、大蒜の香りなどでうまい。
写真の右側にあるのがネムだ。 R0017637pct20
俺の好物だ。生で食べても美味しい。
このように焼いても美味しいのだ。
ネムと冷たいビールは合う。
肉の酸味を味わっていると、いきなり唐辛子にぶち当たる。
唐辛子の刺激に驚かされる。
ビールをぐいと飲み、辛みを飲み込むのだ。
こうやってビールを飲むとビールが一層美味しくなるのだ。

この店ではネムと一緒に鶏手羽も焼いていた。
ヌチャナートは日本の店で手羽を見ると必ず「買いましょうよ」という。
「焼いてあげるわ。美味しいわよ。食べるでしょ。」
そう言って手羽を買い込む。
手羽は見かけが大きいが、食べるところが少ない。
骨についた肉を食べようとすると、手がべたべたする。
それで、俺は手羽焼きをそれほど好まない。
見かけは大きいが、食べる所が小さいので騙された感じがするのもマイナス要因だ。

町のあちこちで鶏の手羽先を売っているのを見て俺はやっと理解した。
ヌチャナートは日本で手羽先を焼くことで故国を思い出しているのだ。
手羽先にはヌチャナートにとって数多くの思い出があるのだと感じた。

2006・8・10

クチコミblogランキング TREview

|

« バナナの葉を売る | トップページ | 竹の子と漬物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3241845

この記事へのトラックバック一覧です: ネムと鶏手羽:

« バナナの葉を売る | トップページ | 竹の子と漬物 »