« タイの蒲鉾 | トップページ | 豚の頭 »

2006年8月23日 (水)

海老の踊食い

これは美味い料理だ。川海老を取って来て、生きたままナンプラ、唐辛子やニンニクなどの香辛料のなかに入れるのだ。
驚いた海老はピョンピョン跳ねる。その姿が踊っているように見えるので、踊食いという。タイ語でもクンテンと言い、踊る海老という意味だ。R0017815pct20_2
海老を捕まえて噛むと海老の殻が破れてぷちっと甘い汁が飛び出す。それが唐辛子の辛味とあう。いろいろな香辛料が口の中で混ざり合う。田舎の茣蓙の上で出された料理だから馬鹿にするけど、これがちゃんとしたレストランだったなら高級料理になってしまう。そのくらいこれは美味しい料理だ。

出された海老はちょっと大きめなので殻が固かった。踊食いにするのならもう少し小さなものがいい。

体が白くて綺麗な海老だが、多くの海老は汚い水から取ったものだ。
翌日は下痢をするかもしれないことを覚悟して食べたほうがいい。
地域にもよるが、寄生虫がいるかもしれない。
危険もあるが、旨味も沢山ある料理だ。
高級レストランで出されたからと言って安心してはいけない。
レストランでは綺麗な水で洗ってくれただろうが、寄生虫の検査までやっていない。是非、食べて貰いたい料理だが、危険があるのでお勧めできない。
興味のある人はお試しください。美味しいことは保証します。

2006/8/13

クチコミblogランキング TREview

|

« タイの蒲鉾 | トップページ | 豚の頭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3184530

この記事へのトラックバック一覧です: 海老の踊食い:

« タイの蒲鉾 | トップページ | 豚の頭 »