« 飽きないか | トップページ | タイ料理は奥深い »

2006年9月19日 (火)

生姜焼きではない

これは見た目は豚肉の生姜焼きだ。でも生姜焼きではない。
レモングラス他のタイの香草をつかって豚肉を炒めた物だ。
これを炒めると香草の香りが漂う。
換気扇を回しながら料理を作る。
この臭いはどの辺まで飛んでいくのだろうか?
ご近所さんごめんなさい。

R0017974pct20

ウチの料理はいつもこんな料理なんです。
日本では珍しい臭いだけど、炒めた肉を食べると普段とはちょっと変った味で美味しいことを実感してもらえるのだけどな。
これを食べながら思った。これは日本で言う生姜焼きに似ている。
生姜焼きが日本でポピュラーになったのは30年ほど前じゃないかなあ?


その前は生姜焼きの臭いだって日本では嫌がられたかも知れない。
今では美味しそうな臭いとなっている。
味や臭いの好みも変化するのだ。
この焼肉の臭いも日本で受け入れられ時がくるのだろうか?
俺は辛い物を食うと汗がでてくる。
食っているうちに汗が出てきた。いつも辛い料理ばかりだから、この料理は辛いとは感じない。
でも汗がでるから、きっと辛いのだ。
口の方は辛みに慣れたが、体は慣れていないのだ。
タイ人はどんなに辛い物を食べても汗を流さない。

2006/9/19

|

« 飽きないか | トップページ | タイ料理は奥深い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3504315

この記事へのトラックバック一覧です: 生姜焼きではない:

« 飽きないか | トップページ | タイ料理は奥深い »