« タイ風けんちん汁 | トップページ | 食の迷信 »

2006年9月18日 (月)

もやし炒め

何か飯を作ってくれるらしい。
「・・・・食べるでしょう」
「うん」
「・・・・」の部分は何と言われたのか分からない部分である。

R0017972pct20

それなのに「うん」なんて返事をしている。
悪い癖だ。それは分かっているけど、いちいち聞きなおすのも面倒だ。
ウチの場合、日本語がつうじないから、質問するのもついつい面倒と思うのだ。
出された物が何であれ「美味しいよ」と言いながら食べる覚悟ができていれば、
いちいち知る必要もないのだ。

「出来たわよ。普通の炒め物よ」
見たところ、日本のもやし炒めだ。ナンプラの味付けだから香りはタイだ。
ヌチャナートはタイの普通の炒め物だと言うが、俺には普通には見えない。
このもやし炒めには人参がおおく入っている。
タイの料理ではあまり人参をつかわない。
見た目は日本の料理で味付けはタイ料理というところだ。

このもやし炒めにはナンプラに生唐辛子をいれた小皿がついてくる。
生唐辛子をもやし炒めに入れて食べると、もう完全にタイの味だ。
タイの屋台などで食べる味になっている。

2006/9/18

|

« タイ風けんちん汁 | トップページ | 食の迷信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3487125

この記事へのトラックバック一覧です: もやし炒め:

« タイ風けんちん汁 | トップページ | 食の迷信 »