« まあ、焼肉 | トップページ | ヤムプラムック »

2006年9月 5日 (火)

鮎と竹の子

R0017923pct20

ヌチャナートは竹の子が大好きだ。
好きな食材だから、よく竹の子を使った料理を作る。
今日も竹の子料理だ。
「魚があるわよ」竹の子の中から魚をつまみ出した。
魚は若鮎だ。塩焼きにすると美味いのに、竹の子と一緒に
煮込まれてしまった。
鮎も鯵もヌチャナートにとっては大差ないのだ。
日本人には鮎は香魚と言って特別な魚だ。
姿の美しさと苦いワタの香りが好まれる。
鮎も鯵もどちらも魚だから、煮ても焼いても美味しいとヌチャナート
は考えているのだ。この辺りが日本人の感覚と違っている。
渓流釣りが好きな人が見たら、
「鮎をこんな目に合わせやがって、美味しい鮎の食い方を知ら
ねえ!」と怒り出すかもしれない。これってタイ料理だよね。
それなのに中華料理の容器にタイ料理が入っているのに俺は違和
感を感じた。

2006/9/4

クチコミblogランキング TREview

|

« まあ、焼肉 | トップページ | ヤムプラムック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3324708

この記事へのトラックバック一覧です: 鮎と竹の子:

« まあ、焼肉 | トップページ | ヤムプラムック »