« カオパット | トップページ | タイ風けんちん汁 »

2006年9月18日 (月)

半生卵

ヌチャナートがなんとか言った。タイ語なんかぜんぜん分からない
時代だ。生卵をほんのちょっとだけ茹でて、コップに落とす。
それにナンプラを入れて掻き回すのだ。
「これを飲んで」と差し出されたものを飲んだ。
生卵ではない、ゆで卵でもない。
R0017970pct20 不思議な味だ。
その不思議な味を思い出したので、明日の朝、「あの卵を作ってくれ」と頼んでおいた。
卵を作りながらヌチャナートが言った。
「この卵を毎日食べるといいのよ」
俺達が子供の頃は卵は高級品だった。
生卵を一個ポトンと茶碗に乗せて食べるのは贅沢だった。
その頃「生卵を毎日食べると体にいい」なんて言っていた。
今じゃ、卵は栄養価が高いから取り過ぎないようにと言う。
ヌチャナートが日本の昔の言葉を言うので思わず笑ってしまった。

ゆで卵を掻き回して黒胡椒を入れてある。
あの時と同じ、不思議な味がした。
特別な美味という味ではない。
卵は熱のかけ方で味がいろいろと変わる。
温泉卵になるちょっと手前で火を止めて、ナンプラを入れたらもっと美味しいと思う。

2006/9/18

|

« カオパット | トップページ | タイ風けんちん汁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3485950

この記事へのトラックバック一覧です: 半生卵:

« カオパット | トップページ | タイ風けんちん汁 »