« 鶏肉と筍 | トップページ | インドカレー »

2006年9月13日 (水)

精力剤

天秤棒を担いだ男がいた。男の商品を見ると5センチほどの長さに揃えた小さな薪の束のようなものがある。
R0017955pct20

「これは精力剤になるのだぞ」とぴんときた。
精力剤でなかったなら、歯ブラシの代わりにするのかもしれない。

この薪のようなものを酒にいれると何かの薬になるはずだ。
例えば日本の養命酒のようなものだと考えた。

タイ文字で説明がある。
ユウちゃんに読んで貰った。
「こんなもの、何処で見つけたの?これを飲むと男の人がピンとなるのよ」
ユウちゃんはニヤニヤ笑っている。
タイの女も30を過ぎるとこんなことを平気で言うようになる。
俺も思っていた通りなので別に驚きもしなかった。
別の男にこの木の効能について聞いた。
「これは男が元気になるんだよ。」彼もニヤニヤ笑っている。

この薪のようなものをもう少し買ってみよう。
市場のあちこちを探したが同じものは見かけない。
あちこちの市場を見て回ったが見つからない。
町の中で行商人を探したが、こういう時にはいないものだ。
軽石や木の股で作ったパチンコなどは売っている行商人はいるが、この薬を持っている行商人はいない。
探す時には見つからない。要らない時にはあちこちにある。

ああ、この薬の味ですか?
苦いだけ。いかにもお薬という感じ。
けして美味くありません。

2006/9/13

|

« 鶏肉と筍 | トップページ | インドカレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3429683

この記事へのトラックバック一覧です: 精力剤:

« 鶏肉と筍 | トップページ | インドカレー »