« 海老の塩焼き | トップページ | ズイキを煮る »

2006年9月10日 (日)

砂肝を料理する

ヌチャナートを含めてタイ人はモツ肉が好きだ。
日本人はモツは下等な肉のように感じている。
タイ人はモツも肩肉、股肉も同じ様に考えているみたいだ。
ただ単に好みでモツを買う。
日本で言えば、モツの煮込みが食いたくなったからモツを買うような
雰囲気でモツ肉を買い込んでいる。そんな姿を見ていると、モツ肉
と肩肉に上下の差を感じていないのではないかと 思ってしまう。
R0017941pct20 

近所の肉屋で砂肝を見た。
「これ、買いましょうよ」
買って来た砂肝を早速煮こんだ。
ホーラパーとかいう香りのよい香草も一緒だ。
しこしことした砂肝の感触がいい。
俺がタイ蜜柑の葉と呼んでいる葉も入っている。
この葉っぱも香りがいいのだ。
「ねえ、ヌー。この蜜柑も実がなるんだろう?」
「なるわよ」
「どの位の大きさ?」
「ライムくらいの大きさよ」
「食べるの?」
「食べないわ」
「酸っぱいの?」
「酸っぱいわよ」
「ふーん」
思ったとおりの答えが返ってきた。
「この蜜柑は髪を洗うのに使うのよ」
へえー、面白い事を聞いた。
蜜柑で髪を洗うなんて、知らなかった。
エコロジストが聞いたなら泣いて喜ぶ情報だ。

2006・9・9

|

« 海老の塩焼き | トップページ | ズイキを煮る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3384524

この記事へのトラックバック一覧です: 砂肝を料理する:

« 海老の塩焼き | トップページ | ズイキを煮る »