« 砂肝を料理する | トップページ | 朝、昼、夕の顔 »

2006年9月10日 (日)

ズイキを煮る

R0017938pct20

イモの茎、芋茎があった。これはヌチャナートの好物だ。
これを見ると必ず買う。
食糧事情が悪い頃、これも食べた。どうやって食べたのか覚えていない。
乾燥品を買ってきて、酢の物にして食ったことがある。
今の日本ではイモの茎なんて食品だとは思われていない。
しかし、乾物として売られているのだから、愛好者がいることは確かだ。

ズイキの赤い皮を剥いて煮ると、あんなに大量にあったと思われるズイキが
ほんの少ししかない。
これに椎茸やタイの茸を加えて煮る。
いろいろな香草も入れた。

「出来たわよ。味見して!辛いかもね。」
うん、ちょうど良い味だ。

ズイキといえば肥後ズイキを思い出す。
肥後ズイキの話をヌチャナートにした。
タイにも肥後ズイキはあるのだろうか?
今度タイに行ったら、これを見つけるのを課題の一つにしよう。

2006/9/9

|

« 砂肝を料理する | トップページ | 朝、昼、夕の顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3384552

この記事へのトラックバック一覧です: ズイキを煮る:

« 砂肝を料理する | トップページ | 朝、昼、夕の顔 »