« 食い過ぎる | トップページ | 筆柿 »

2006年10月 9日 (月)

トムチュウトマラー

R0018048pct20


痛みかけた苦瓜を安く売っていた。「お早めにお召し上がりください」と書いてあった。
そんなことは先刻ご承知だ。 ヌチャナートは全部の苦瓜を使ってトムチュウトマラーをつくってしまった。こうして熱をかけてあれば、これ以上痛む事はない。
お腹が空いたならちょっと火をかければ直ぐに食べられる。

沖縄では苦瓜をよく食べるが、関東では食べない。食べないと言うより苦瓜などなかった。
初めて苦瓜を買って食べた時はその苦さに驚いた。俺は苦瓜は胡瓜の仲間で胡瓜をちょっとだけ苦くしたものだと思っていた。予想以上の苦さなので驚いてしまった。
それ以来、苦瓜を食べることはなかった。
ヌチャナートが苦瓜を使って、タイ料理を作ってくれる。
こうやって食べると苦瓜も美味しい。

焙煎した唐辛子の粉にカーやニンニクを入れて叩き潰した唐辛子ソースを付けて食べる。

R0018050pct20

この唐辛子ソースは香りがいいのだ。中国や韓国にも唐辛子ソースがある。それぞれ独特の旨さがある。この唐辛子ソースも病みつきになるほど美味しい。
このソースをトムチュウトマラーにつけて食べる。
トムチュウトマラーの汁をご飯にかけて、この唐辛子ソースを入れる。
汁で薄まった唐辛子の辛みと、汁で膨らんだ飯の味が微妙に合う。

2006・10・8

|

« 食い過ぎる | トップページ | 筆柿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3743147

この記事へのトラックバック一覧です: トムチュウトマラー:

« 食い過ぎる | トップページ | 筆柿 »