« ドリアンと食い合わせ | トップページ | ジャガイモとタイの迷信 »

2006年10月28日 (土)

親子丼 タイ風

R0018147pct20

これで親子丼とはちょっと言えない。しかし材料は鶏肉と卵だから親子だ。
これをそのまま飯の上にかければ親子丼だ。
味付けはタイ風だ。タイ風というよりもタイそのものだ。
作った時は卵はもっとふんわりしていて、黄色かった。
弁当の時間になると色が変っている。
こういう味付けもいいもんだ。
この味付けにはどうしても唐辛子が必要になる。
唐辛子がないと味に締りがない。
それに黄色い卵に赤い唐辛子があった方が綺麗だ。
食事というものは味付けのよさも大切だが、見た目のよさも同じように重要だ。
日本の親子丼は醤油に砂糖を加えて甘くなっている。
この料理は甘くない。塩っぱくて辛い。
タイには親子丼なんてない。
これを丼飯に乗せればタイの親子丼という珍しい味になる。

この他の記事はこちらからどうぞ!
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/

2006/10/27

|

« ドリアンと食い合わせ | トップページ | ジャガイモとタイの迷信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3980963

この記事へのトラックバック一覧です: 親子丼 タイ風:

« ドリアンと食い合わせ | トップページ | ジャガイモとタイの迷信 »