« ゲンヤムウンセン(春雨シチュウ) | トップページ | 大根の葉 »

2006年10月21日 (土)

ローストポークとトムチュート

ローストポークを作ってくれた。これも美味いのだが、所々に乾燥しすぎて堅い場所がある。 R0018101pct20
ウチの場合、グリルでそのまま焼くのでどうしても固い場所ができてしまう。
グリルの下に水を多めに張ればいいのかもしれない。
ヌチャナートは水の効用に気づいていないようだ。
タイの一般的家庭にはグリルなんてないから、分からなくても当然だ。
それにしても、グリルを上手に使って料理を作る。
ローストポークの外側はカリカリしていて、内側は柔らかだ。

R0018102pct20 これだけではちょっと淋しいのでトムチュートをつけてくれた。
今日のトムチュートは冬瓜だ。スープも透明だ。
このトムチュートは大好きだ。
赤い唐辛子の色が冬瓜に映えて綺麗だ。
今日も満足。
これはちょっとカロリーを取り過ぎだな。

毎日、毎日こんなタイ飯ばかり食べている。別に飽きもしない。
これがウチの料理なんだ。要するに慣れというか習慣になっているのだ。
外人が日本人の食事を見たら、毎日、味噌汁とお新香だけでよく飽きないと
不思議がる。
俺達が米人の朝食を見たら、毎日ベーコンエッグでよく飽きないと感心する。
それと同じだ。
唐辛子の辛味がある食事をする習慣が出来上がってしまったので、これが普通の食事になっている。

ヌチャナートは寿司が好きなものだから、俺は寿司に付き合わされる。
俺は寿司の方に飽きがきた。
「寿司を食べに行きましょうよ」と言われると「又かよ!」と思ってしまう。
「日本の典型的な食事をご馳走する」と言って連れて行った寿司屋だ。
今はヌチャナートが引っ張って俺を寿司屋に行くようになっている。


この他の記事はこちらからどうぞ!

http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/

2006/10/20

|

« ゲンヤムウンセン(春雨シチュウ) | トップページ | 大根の葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3904342

この記事へのトラックバック一覧です: ローストポークとトムチュート:

« ゲンヤムウンセン(春雨シチュウ) | トップページ | 大根の葉 »