« ナムプリック | トップページ | モツで思い出す »

2006年10月22日 (日)

芋茎を煮る

芋茎があった。ヌチャナートが好きなので二束買った。
それをヌチャナートに見せるともっと欲しいというのでもう一束買いに行った。
芋茎の皮を剥いて煮ると芋茎は柔らかに煮あがる。
煮た芋茎は冷蔵庫で保存できるから、沢山買っても無駄にならないと言う。
早速、芋茎を煮こんだ。
見かけは綺麗ではないが、食べるとおいしい。
R0018130pct20 噛むとじゅわっと旨味を含んだ汁がでてくる。

日本人にも芋茎の愛好者がいるようだ。時々、これを売る店がある。
食べられる物は何でも食べることって大切だと思う。
環境だと叫びながら、芋茎は食べない人がいる。
食糧難を知らないから、そんなことを言っているのだ。
飢えと戦う人は食べられる物ならなんでも食べる。
平時からあらゆる物を美味しく食べる工夫をしておくことって大切だと思うな。
ミーハーグルメには芋茎の旨さは分からない。
有名人が「芋茎は美味しい」と言うとミーハーグルメが芋茎を食べ出すから、
みていてごらん。

http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/

この他の記事はこちらからどうぞ!

2006/10/21

|

« ナムプリック | トップページ | モツで思い出す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3915704

この記事へのトラックバック一覧です: 芋茎を煮る:

« ナムプリック | トップページ | モツで思い出す »