« マグロの空揚げ | トップページ | 大根のたまり漬け »

2006年10月 3日 (火)

肉の唐揚とアスパラ

どちらも俺が好きな物だ。肉を油の中に入れるとヌチャナートはもう知らん振りだ。
R0018000pct20


油を火にかけたまま別のことをやっている。
そして頃合を見計らって肉を取り出す。
油を切ってお終いだ。
手際よく料理を作るのにいつも感心する。
パソコンを叩きながら俺は鍋の方を時々ちらちらと見ている。
油を火にかけたまま忘れて火事が発生することが多い。
火事だけは出したくない。
アスパラは茹でただけだ。
肉とアスパラの両方に生の唐辛子を乗せて食べる。
アスパラと唐辛子も合うよ。
そうは言っても、普通の日本人には無理だろうな。
唐辛子のひとかけらを食べても舌が痺れて、そこから先はもう食べられないだろう。
なんにでも唐辛子をかけるのが習慣になっている。
「タイ人みたいね」とヌチャナートは笑う。
日本の食事は塩分が多いが、タイの食事は塩分が少ないので唐辛子と一緒に食べることができる。
塩分が多くて辛かったなら、そんな食事は食べることができない。

日本に仕事でやってきたタイの女が心配そうに言った。
「ホテルで朝食を食べると、喉が渇くのよ」
「味噌汁を飲んだだろう?」
「ええ」
「味噌汁には塩が沢山入っているんだ。だから喉が渇くのだよ」
彼女はちょっと安心したようだ。

こうやって毎日、タイ飯を食っていると、臭いと思っていたナンプラを
飯にかけて食うようになる。
しかもそれが美味いと思うようになるのだから慣れというのは恐ろしい。

2006/10/02

|

« マグロの空揚げ | トップページ | 大根のたまり漬け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3672372

この記事へのトラックバック一覧です: 肉の唐揚とアスパラ:

« マグロの空揚げ | トップページ | 大根のたまり漬け »