« 熱いソムタム | トップページ | ローストポークとトムチュート »

2006年10月19日 (木)

ゲンヤムウンセン(春雨シチュウ)

春雨入りのシチュウだ。これは塩辛い。
「塩っぱいよ。」
「そんなことないわ」
いや、俺には塩っぱいと感じた。
タイ料理で塩っぱいと感じるのは1俺にとっては珍しい。R0018099pct20
いつもは辛いと感じるだけだ。
ヌチャナートは日本の食事の方がもっと塩っぱいという。
確かに和食はタイ料理に比べて塩っぱい。

レモングラスが沢山入っている。
乾燥品だから、日本人が見たら、藁が入っていると思うだろう。
そう言えば太平洋戦争中に捕虜に牛蒡を食べさせたら、木の根を食べさせられた。
捕虜虐待だと訴えられたという話がある。
レモングラスなのに、日本人は「藁入りの食事を出された。失礼な!」なんて
怒るかなあ。
この藁を齧ってみればわかる。いい香りがするのだ。
食っているうちに汗が噴出してきた。
ハンカチがびしょ濡れになった。
ああ!でもこの料理は旨い!


この他の記事はこちらからどうぞ!

http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/

2006/10/19

|

« 熱いソムタム | トップページ | ローストポークとトムチュート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3886203

この記事へのトラックバック一覧です: ゲンヤムウンセン(春雨シチュウ):

» 一人暮しのススメ!一人暮しを楽しもう:料理レシピ [一人暮しのススメ!一人暮しを楽しもう]
こんにちは。一人暮しの人に役立つ料理レシピを紹介しています。ブログでは一人暮しに関する様々な情報を発信しています。コメント、トラックバックお待ちしております。 [続きを読む]

受信: 2006年10月21日 (土) 09時58分

« 熱いソムタム | トップページ | ローストポークとトムチュート »