« パットムー | トップページ | 鶏とレモングラスと »

2006年10月 6日 (金)

これが朝食か

ヌチャナートがのこのこと起きだして来て朝食を作り始めた。
なんだか異臭が漂う。
「なんだ、この臭いは?」
「和食を作っているのよ」
醤油 が焦げる臭いだ。醤油の臭いなんて余り嗅がない。
R0018007pct20


珍しい臭いは異臭と感じるのだ。とうとう俺もタイの臭いに慣らされてしまい、醤油の臭いは別物と感じるようになっていたのだ。

「できたわよ。さあ食べて!」
出されたものを見て驚いた。こりゃ朝食の料理ではない。これは昼か夕食だよ。
醤油の臭いから想像している朝食は味噌汁、納豆、生卵、漬物、焼き魚だよ。
「タイだって朝に食べるものと昼に食べるものは違うだろう。これは朝飯ではないよ!」と言いたかった。ヌチャナートにはまだそんな区別は付かない。
それを言ってしまったなら可哀想だ。
一生懸命に作った料理だ。あり難く感謝して戴かなくてはいけない。
ヌチャナートが日本で見て、経験した料理は彼女にとっては全て和食なのだ。
料理と食べる時間は密接に関係がある。
自分が食べた和食と時間の関係を彼女はつかんでいないのだ。
思わず笑ってしまった。
「何を笑っているの?」「なんでもない」ここは誤魔化しておくほうが平和でいい。

牛肉、人参、玉ねぎ、苦瓜などを煮込んだものだ。
これをナンプラと唐辛子入りのソースで食べるのだ。
和食にはこんな辛い食べ方はない。
これは絶対に笑える。
この食べ方はヌチャナートにとってはごく当然な食べ方なのだ。
肉に唐辛子を乗せて食べている。
ヌチャナートはこれは日本の料理だと思い込んでいる。
味付けは確かに日本の料理だ。黙ってだせば、タイ人が作ったなんて思わない。
人参に醤油味が浸み込み、柔らかになっており美味しい。

2006/10/5

|

« パットムー | トップページ | 鶏とレモングラスと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3706525

この記事へのトラックバック一覧です: これが朝食か:

« パットムー | トップページ | 鶏とレモングラスと »