« アメリカ料理 | トップページ | ガイピン・焼鳥 »

2006年10月15日 (日)

料理の名前

毎日、女房に飯を作ってもらって食べているのが普通の家の旦那だ。
旦那は出されたものを何も考えないで食べている。
女房は毎日、気を使って違うものを作っている。
同じ焼き魚でも「昨日はブリの照り焼きだったから、今日はサンマの
塩焼き、明日は金目鯛の粕漬けにしようかしら?」なんて考えている。
旦那はそんなことに無頓着だ。料理の名前なんて考えてもいない。

女房も長い間の生活の中で、その家に独特な料理を作り出してし
まう。いわゆるオフクロの味だ。
そのような料理って名前があるようで名前がない。
こんな料理があるかどうか知らないが、例えばサトイモの煮転がし
に鯨の尾の身を入れるなんていう独創的な料理を主婦は作って
しまう。またその独創的な創作料理が家族の好みになってしまう。
こんな料理は名前の付けようがない。

俺も同じだ。出されたものを食べている。
美味いとか辛いとは言うが料理の名前をいちいち聞かない。
俺が知らないうちにヌチャナートはウチ独特の料理を作り出して
いたのだ。そんなこととは露知らぬ俺は「この料理はタイの田舎で
は何処でも普通に食べている料理だ」と思っていた。
ヌチャナートは日本で得られる材料を美味しく食べる方法を考えて
いたのだ。ある時、ヌチャナートに聞いてみた。
「この料理はなんという名前なの?」
「うーん・・・。わかんない。ゲンガイなんとかかしら?」
ヌチャナートも名前の付けようがない料理を作っていたのだ。

2006/10/13

|

« アメリカ料理 | トップページ | ガイピン・焼鳥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3809109

この記事へのトラックバック一覧です: 料理の名前:

« アメリカ料理 | トップページ | ガイピン・焼鳥 »