« ガイピン・焼鳥 | トップページ | 四角豆 »

2006年10月15日 (日)

二人のソムタム

R0018085pct20

こう書くとなんとなくロマンチックだ。
ところがこれはそんなロマンチックなものではない。
俺とヌチャナートのソムタムだ。
タイ人はソムタムに生の蟹や醗酵した魚を入れる。
それがいいらしいのだが、俺には生臭くて駄目だ。
青いパパイヤを唐辛子やトマトと一緒に潰したソムタムだけなら生臭みがないので好きだ。

こちらの透明の皿にあるのが俺のソムタムだ。
もう一つの皿にあるのがヌチャナートのソムタムだ。
パパイヤの色の違いがわかるかな?
写真じゃ分かりづらいだろう。


R0018086pct20 赤みがまるで違うのだ。
俺のソムタムには唐辛子が二本しか入っていない。
ヌチャナートのソムタムには10本の唐辛子が入っている。
辛味の差?
もちろんヌチャナートのソムタムの方が辛い。





ソムタムの関連記事はここにあります。

ソムタムポンラマイ 果物のソムタム 
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_a524.html

インゲンのソムタム   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_806d.html

ソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_a806.html

二人のソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_d616.html

ソムタムの道具    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_fbe8.html

ソムタム祭    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_0b60.html

瓜のソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_baa8.html

ソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_a806.html

熱いソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_cc7b.html

茄子のソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_ccda.html

ソムタムを作る    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_ed2f.html

ソムタムを食べる   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_5e83.html

今日のソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_f488.html

2006/10/15

|

« ガイピン・焼鳥 | トップページ | 四角豆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/3814037

この記事へのトラックバック一覧です: 二人のソムタム:

« ガイピン・焼鳥 | トップページ | 四角豆 »