« 食堂のサンプル | トップページ | 普通の食事 »

2006年11月25日 (土)

パクチーのスープ

今日のスープは簡単なものだ。
ポークソテーを作ったフライパンにお湯を注ぎ、塩味をつけた
だけだ。それに生椎茸を加えた。
これだけで 十分に美味しいスープになる。
R0018249pct20
出来上がったスープにパクチーが浮いている。

彩りは満点だ。文句の言いようがない。
スプーンでスープを掬う。
パクチーがスープといっしょにスプーンに入る。
スープを飲むと、パクチーの独特な香りがする。
ヌチャナートはこの香りを「良い香り」と言う。
日本人にはくさい臭いだ。
俺は慣れた臭いなので、くさいとは思わなくなっている。
タイ料理を好意的に見る日本人はこの香りを「ああ、タイの香り」と言う。
セロリもパクチーも同じ仲間だ。
あの強い香りのため、セロリも最初は日本人に受け入れなかった。
時間が経つにつれてセロリも日本人の生活の中に入り込んだ。
パクチーの香りもいつか日本人の生活の中に入り込むのだろう。
日本の農家にとって、パクチーは簡単に作れて虫もつかない?香菜ということで高値で売れるから
よい収入源になるかもね。

2006/11/24

|

« 食堂のサンプル | トップページ | 普通の食事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32758859

この記事へのトラックバック一覧です: パクチーのスープ:

« 食堂のサンプル | トップページ | 普通の食事 »